証明書
Dtswiss
New Arrival
お問い合わせ
フリーゴハイテク株式会社
電話:+ 86-755-8331 5079
携帯電話:+ 86-138 2740 9865(緊急用)
CEO:[email protected]
営業部:[email protected]
ウェブサイト:http://www.FreegoChina.com 
お問い合わせ
ニュース
お住まいの地域:ホーム > ニュース > 業界ニュース > 2015次のインテリジェントハードウェアコンセントにクルマの.....

2015次のインテリジェントハードウェアコンセントにクルマのバランス?

過去の冷たい機械がよりインテリジェント、軽量かつユーザーフレンドリーな技術になるでそう現在のグローバル製造業は、物事に、ビッグデータ·セントリック·インテリジェントRAIDは、正の波が来て、新しい技術革命に直面している。物事と呼ばれるプロセス、インターネット上での機械設備の転換とインテリジェントに制御してみましょう。今後数年間、多くのが次の回転で、物事はまた次の1兆市場として認識されるように、インターネットとインテリジェントな管理にアクセスする必要があります電子機器製品、産業用製造装置やライト、自動車のほとんどに住んでいるかどうか技術変化の。
バランスのとれた車は資本市場によって求められ
また、インテリジェントなバランスの車として知られている電気自動車を、バランシング、体性感覚の車、車を考えて。均衡電気自動車市場の一つは、他の単一のホイール電気自動車のバランスであり、二輪電動カウンターバランストラックを、2つに分割されている。スタンドウェイ駆動にバランスの取れた車は、プロセスを駆動する前後に車のバランスをとるために体を前後にモーションコントロールに依存しています。制御および管理するために、圧粉体と容易なため、電気自動車のバランスのためのインテリジェントな制御技術の誕生に始まり、などから、個人の将来のための輸送の優れた手段であると考えられ、それは画期的」とスティーブ·ジョブズだった-making発明」技術製品。
セグウェイ(セグウェイ)の米国バランスの世界初の電気自動車が発売され、バランスのとれた車を丸め始めに起因して、しかし、ブッシュ大統領とアメリカの警察、観光と他の多くの政府機関で愛用されていた自分のデバイスの性能の限界と高価な価格で1万人以上の米国ドルまで、13年前に生まれた二輪自己均衡車のこのタイプは、家電市場における政府のデモアプリケーションに限定されてきたほとんど改善されません。
しかし、車の米国のバランスセグウェイかさばる、醜い設計と比較して、近年では、中国の電気自動車メーカーはバランスがより軽量で導入された、スタイリッシュな、低コストの2バランスのとれた車製品、すぐに観光で、大会、空港そしてそれらの適用を促進するための公共部門とその他の公共の場所。特に、若い人引っ張りだこ80、90の数の対象とロケットの市場を、バランスよりポータブル、安い、クール一輪車は、自動車市場の全体のバランスがちょうど2年がすぐに爆発した。
中国では過去の2つのよく知られた消費者ブランドで電気自動車のバランスをとる、それは「北から南ディパーテッド簡単なステップ」として知られている産業である東莞科学技術と北京簡単ウィンドランナーステップ言った。 2は、電気自動車の技術系企業の開発と製造のバランスをとるために、中国で最初に、また政府の公共部門のアプリケーションでの注文の多くを獲得している。
しかし、昨年一輪車·バランシング·カートの急激な上昇に迅速に深センラインの世界の音楽市場を開き、億ドルのベンチャーキャピタル投資の日の図Bのラウ​​ンドを得た。以前のバランスの不分明から一緒に1200万元の設備投資とのラウンドウィンドランナー北京、中国電気自動車産業を取得するためのミドルはすぐに資本市場を爆発させた直前に、多くの起業家が流入してい集めて、いくつかのインターネットの巨人と、投資家はまた、標的を開始したこの新興市場。
その中でも、キビの噂があり、バランスのとれた南車の研究開発会社との最近の頻繁な接触をスマート投資の分野でのクルマのバランスのレイアウトを強化して、リストには、音楽·ラインの世界が含まれ、簡単にステップ技術と他の多くの業界をリードするR&車のバランスをとるためのD企業。そのような輸送のキビハードウェアアクセラレーションのレイアウトの個人的な手段として、インターネット企業、目的はさらに、自動車産業のバランスのために、火を、携帯電話、テレビなどのインテリジェントなスマートホームのハードウェアエコシステムを改善するだけでなく、ためにキビ投資介入のことですと油の一握りを追加しました。
クルマのバランスは、ホット家電となっていた
技術開発への最近の人気のある電気自動車のバランスのおかげだけで駆動するだけでなく、政府の規制、限界線の周りの車の発売のおかげで、タッチ政策に耐えていません。ますます深刻な問題で環境汚染や交通渋滞、今日、電気、高度道路交通の発展、緑の旅行を促進する、それは熱風の上に立って社会的コンセンサス、テスラの電気自動車となっています。頻繁に約100万価格のに比べテスラの電気自動車は、それだけで短期の暴君の遊び道具であってもよいが、2または3000は、自転車走り回っで満たされ、それは価格については、そのため、出稼ぎ労働者のあまりにのみ2000元を探します電気自動車のシングルラウンドの非常にバランスのとれたグラウンドガスであるだけでなく、若者の間で人気が、このように若者のための輸送の第一の手段になりつつ。
輸送の個々の手段の将来はインテリジェントな分散車、電動スクーター、自転車や他のスマートインテリジェントなハードウェアが含まれますが、しかし、輸送上の問題の個々の手段の最後の5キロを解決するための実用的な側面から」が付いている車のスマートなバランスを思わ軽量、高速、ポータブル」の利点、自転車後で、新しい車の後に個人的な交通機関の未来となることが期待されている。特に、このような大規模開発などのスマートフォン、ウェアラブルデバイスと迅速な平衡およびハードウェアのコスト電気自動車関連技術の大幅な減少につながったインテリジェントハードウェアのアップグレードすることができ、ムーアの法則は車が急速な技術の画期的な製品価格より民間人のバランスを取ることができます。
昨年、公共部門と政府部門の市場に向けた電気自動車のバランスに関しては、過去数年間で電気自動車は大量消費者市場へのバランスの転送を加速することです。公的統計は、2013年に国内の電気自動車生産のバランスが2015年は新興市場のドルの巨大な価値の十億を形成することになるで販売100万台、超えると予想されている間、68万台に達する2014年に約40万台であることを示している。 2014全国電動自転車に関しては、全体の1800万、GDPの100以上の億元で、競合他社のほぼ千を販売し、電気自動車のバランスは、初期の段階でまだ始まったばかりで、明らかに数ある両方R&アンプ。 D企業、または市場開発スペースも開発のための大きな可能性があり、ベンチャーキャピタリストは、燃料としている。
電気自動車の急速な発展は、車の限界線、制限ポリシーの段階的な引き締めのバランスをとるだけでなく、政府の規制政策のリスクに直面するために政府から恩恵を受けている。特に電気自動車のバランスバランシング一輪車の車の中での輸送の新しい手段、道路上の多くの人々や車のように、大きな運動があり、依然としてセキュリティ上のリスクである、国は明確に道路に車を行使し、個々の都市のバランスを取ることを禁じられてきた、しかし、誰規制関連道路の外に公共の場で。 P2P金融政策のリスクも存在したようには業界の爆発的な成長を阻害しないように、主なバランスで電気自動車の開発が市場の需要から引っ張って、とされているキーテクノロジー業界のアップグレードおよび業界標準の導入など、自動車の安全性の使用の保護の下でパワーバランスは、国家政策の前提によって認識される、業界のピークはすぐに来る。